2020年02月29日

三浦の地域情報なら、三浦新聞で

三浦新聞

食べる

2017年09月01日 金曜日 17時07分三浦市の野菜を活かしたそば屋でありたい – 葉山商店でこだわりそばと地元の山海の幸を一気に味わう

三浦市と言えば魚やマグロのイメージががあると思うが、三浦大根やキャベツなど山の幸も有名である。近年は若い農家さんも増えてきており、その人達が様々な活動をし三浦市を盛り上げようとしている動きもある。

そんな中で三浦市の野菜を活かしたそば屋さんが去年三浦市に登場した。

蔵造りがどこか懐かしさを感じる…おそば屋さんの葉山商店

それがこちらの葉山商店さん。このお店は平塚で働いていた店主の大石さんが、三崎の商店街を盛り上げる一環で、遊ヶ崎グループとして2016年の7月に開店した。

蔵作りのお店を改装しており、どこか懐かしさを感じる日本家屋風の作りとなっている。店内はテーブル席とカウンター、そして和室の部屋が用意されている。

庭もあり陽の光が店内に入ってきて気持ちが良い。めちゃくちゃ居心地良い…おばあちゃん家に来たみたいに落ち着くなぁ……

メニューは自家製マグロを使用したそばのセットや野菜の天ぷらなど、地元の魚や地元の野菜を使用したメニューが多く取り揃えられている。

この日はそばとしらす丼のセットと野菜の天ぷらを注文した。一日で三浦市の海と山の幸をすべて食べ尽せるというのも魅力的だ。

地元の野菜をふんだんに使った野菜の天ぷら

天ぷらは衣が薄くなっており、新鮮な野菜の味がそのまま味わえるようになっている。新鮮で甘みのある野菜と衣のサクサク感の相性が堪らない。
さつまいものホクホク感が最高…!


(バナナピーマンの天ぷら)

野菜の天ぷらはかぼちゃやさつまいもなど定番のものもある中で、バナナピーマンやトマトの天ぷらといった変わり種もある。バナナピーマンはピーマンより苦味も少なくて、これならピーマンが苦手な子どもでも食べられそうだ。

他にもアカモク(海藻)の天ぷらや、しらすのかき揚げなど三浦の鮮魚をふんだんに使用したメニューも取り揃えられている。そっちも注文すればよかった…!

初め見たときは「トマトの天ぷら?美味いのか…?」と訝しんだが、噛んだ瞬間に天ぷらに閉じ込められていたトマトの甘みが口にじゅわっと広がる。温まっているからかなのか、天ぷらで閉じ込められているからなのかものすごく甘みを感じる。予想以上に美味しい…!

なんで形が崩れないんだろうと思って聞いてみると、「トマトの天ぷらはイタリア産のもので、加熱調理しても美味しい肉厚なものを使用しています。だから油で揚げても形が崩れないようになっているんですよ」とのことだった。なるほど、天ぷらで野菜を活かす工夫がされている。

揚げたての天ぷらはさっくさくで温かい天汁との相性は抜群。さらに大根おろしを入れてさっぱりと食べるのも熱い夏には最高…!

こちらの野菜の天ぷらはもちろん三浦市のものを使用している。三浦の野菜が美味しいから使っているというのもあるが、「三浦の農家さんと協力して、三浦市を盛り上げていけたらうれしい」という店主の大石さんの気持ちもあり、地元の野菜をお店で出しているとのことだった。粋だなー!!

コシのあるそばは水までこだわって作られている

そして店の看板であるそばは、コシがあってもちもちとしているのに歯切れもよく美味い…!「暑い夏にざるそば」って考えた日本人に国民栄誉賞与えたいほど今幸せ。ここに訪れる地元のお客さんで、そばの味を楽しみたくて蕎麦湯で食べる人もいるらしい。江戸っ子だ。

そばにもやはりこだわりがあり、そば粉は福井県から取り寄せたものを使用しており、さらに水はアルカリの高い温泉水を使っている。そのためコシの強い麺になっているようだ。

しらす丼の方も新鮮で魚の臭みなど一切なくするすると胃に収まっていく。新鮮なものを使用しているから、醤油をドバドバとかけずにちょっとかけるだけで充分に味が楽しめる。

そばとしらす丼のボリューム満天なセットで値段も1000円というのだから大満足だ。

オリジナルデザートも充実!!

さらにデザートも美味しく、水わらび餅や手作り大福などがある。

特に僕は手つくり大福がものすごく気に入った。大福としては珍しく、中にナシが入っていおり、さっぱりとした白あんと相性が抜群で何個でもいけそう。(実際に追加でもう一皿注文した)

これめちゃくちゃ美味かった…季節によって中身が変わるらしいので、そのときの味覚を楽しめるのも魅力らしい。それにしても今日は食べ過ぎた…!!

葉山商店の店主 大石さんからのメッセージ

最後に葉山商店の大石さんに、三浦市に来てくれるお客さんへ一言いただきました。

「三浦市は魚とかマグロも魅力的ですけど、山のものというか畑の野菜なんかも美味しいですから、それを目当てに店をかまえる人もいます。そういうところもクローズアップして三浦に来てくれたらうれしいかなって!
今だんだん農家さんが力入れて三浦の野菜でアピールしているんで、そのあたりも一緒に協力して何かできたらなって。三崎にこの蕎麦屋があるから来てくれるって人が一人でも増えたらうれしいですね」

地元の野菜を活かした料理店としてぜひこれから三崎の一つの目玉となって欲しいと思った。三浦の野菜を使った野菜の天ぷらは本当に美味しかったのでおすすめ!!

お店情報

葉山商店

■住所

〒238-0243 神奈川県三浦市三崎3-2-22

電車:京浜急行「三崎口駅」よりバスにて15分(「三崎港」バス停下車)
車:横浜横須賀道路、衣笠I.C.下車→三浦縦貫道路を南下約20分

■営業時間

昼:11:30~15:00
夜:17:00~21:00

■お問い合わせ

046-884-8570

■URL

公式ホームページ:http://www.asobigasaki.com/soba/