2019年04月20日

三浦の地域情報なら、三浦新聞で

三浦新聞

食べる

2018年06月11日 月曜日 14時10分三浦市へふるさと納税を!お礼品に「三浦やさい栽培キット」が登場

最近では「ふるさと納税」という言葉は世間で定着してきていると思う。一応であるが、ふるさと納税を簡単に說明すると「好きな自治体にお金を寄付をすると、税金が控除される」という仕組みになっている。寄付者には、自治体から特産品などををお礼品として受け取れるようになっているのだ。

三浦市の多業種コラボした「食彩GARDEN三浦やさい栽培キット(旬の野菜付き)」


「食彩GARDEN 三浦やさい栽培キット」神奈川なでしこブランドに認定より)

三浦市のふるさと納税のお礼品も様々にあるが、今回新たに「食彩GARDEN三浦やさい栽培キット(旬の野菜付き)」が追加された。この野菜栽培キットは三浦市にある事業者が協力して作り上げたものなのだ。

川島農園三崎恵水産にて冷凍マグロを加工する際に出るマグロの残渣(残りカス)を活用して開発された有機肥料が使用されている。種の選定はミヤサカのタネが行っていている。

マグロの有機肥料は実際に農園さんが農業に使用しており、野菜の成長が早く新芽が出るのも早いそうだ。


(ふるさとチョイス 食彩GARDEN三浦やさい栽培キット&旬野菜より)

実際にお礼品として届く際は、「栽培キットが3つ」と「旬の野菜が1〜2個」といった内容になっているそうだ。詳細やお申込みについては、ふるさとチョイス 食彩GARDEN三浦やさい栽培キット&旬野菜より確認ができる。

食べる楽しみと、栽培する楽しみが味わえるお礼品としておすすめだ。ぜひ利用してみてほしい。

三浦はお礼品の種類がとても豊富

やっぱり人気はマグロと野菜?


先ほど紹介した栽培キットの他にも、農産物や海産物が豊富な三浦市では様々なふるさと納税のお礼の品がある。美味しそうなマグロの刺身がたっぷりともらえたり、新鮮な野菜が驚くほどもらえたりするのだ。

今回はそんな中でも個人的に気になったお礼品を紹介していきたいと思う。

釣り船の乗船券


ふるさとチョイスより)

◆寄付金額 2万円より

海に囲まれた三浦市は釣りのメッカとなっている。都内で出来ないような「釣船での海釣り体験」ができるというなんとも三浦市らしいお礼品だ。船で沖に出ると大量が期待できるかもしれない。

マグロ出張解体


ふるさとチョイスより)

◆寄付金額 50万円より

何とマグロの解体ショーを出張で行ってくれるそうだ。寄付金額は高いので、経営者の方はパーティーなどで社員の方と一緒に……なんて使い方はいかがだろうか?(笑)

解体ショーについて詳しくはコチラを参照してほしい。

名入れ大漁旗


(ふるりより)

◆寄付金額 2万円より

三崎下町にある、創業180年以上の三富染物店がオリジナルの名入れ大漁旗を作ってくれる。あの漁師さんが掲げる旗に憧れを持つ方もきっといるはずだ。

三浦国際市民マラソンふるさと納税特別エントリー (※今年度の募集は終了)


ふるなびより)

◆寄付金額 1万円より

お礼の品としてマラソンへのエントリー券もあるのだ。5Kmのコースへのエントリーなので気軽に参加できるようになっている。今年は受付を終了してしまったので、来年度のエントリーの受付があることを期待したい。

もっと三浦を身近に・・・

家に特産品を持ち帰りたいけど、「美味しそうなものが多すぎて選べない!」「持ち帰るの大変」という方は、家までお礼品が届くふるさと納税をぜひ利用してみて欲しい。また、「三浦市に行きたいけれど、少し遠くて行けないな…」という人も、お礼品が届く仕組みであれば、家にいながら三浦市を感じることができるはずだ。

美味しいものや豊かな自然を求めて観光客で賑わっている三浦市では、この他にも200件以上のふるさと納税のお礼品がある。魅力的なものはまだまだあるので、下記リンクから自分の好みに合ったものをぜひ探してみてほしい。

リンク

食彩GARDEN 三浦やさい栽培キット(

三浦市ふるさと納税記念品、お礼の品一覧

ふるり 三浦市のページ
ふるさとチョイス 三浦市ページ

ふるさと納税について

三浦市ホームページ ふるさと納税とは
総務省 ふるさと納税ポータルサイト
ふるなび