2018年12月16日

三浦の地域情報なら、三浦新聞で

三浦新聞

食べる

2018年04月05日 木曜日 17時00分【期間限定】マグロのハムが入った「まぐろフレッシュハム×三浦野菜ベーグル」をみやがわベーグルで食べてきた

三浦産の小麦や三浦野菜を使用したベーグルを味わえる「みやがわベーグル」


みやがわベーグルホームページより)

三浦市宮川町には地産地消にこだわったベーグルを作るみやがわベーグルというお店がある。お店では三浦産のものを出来る限り使用しており、三浦で取れた小麦粉をベーグルに使用しているのも特徴的だ。

お店は港近くにあり、佇まいも三崎の自然の風景に溶け込むナチュラルな作りで、手書きのプレートにも温かさを感じる。味も秀逸だが、こういった雰囲気もみやがわベーグルが愛される理由なのだろう。


みやがわベーグルホームページより)

筆者はベーグルも好きであるが、自家製ジンジャエール(写真右)にもハマっている。こちらもなんと三浦産の生姜を使用しているのだ。少し疲れた身体に酸っぱさがしみて心地よい。

今回はみやがわベーグルで、限定商品が発売されたとのことで、その新商品を紹介しようと思う。

「まぐろフレッシュハム×三浦野菜」が限定販売を開始

今回、限定発売されるのは「まぐろフレッシュハム×三浦野菜」というベーグルだ。このベーグルには三崎港のマグロ丼専門店の老舗西松が作るマグロのハムがトッピングされている。

筆者はマグロのハムなんて初めて聞いたのだが、メバチマグロを3日ほどかけてハムにするとのことだ。マグロの街と言われる三浦市ならではのコラボレーションと言えるだろう。

さっそく試食をしてみたが、ミズナのシャキシャキ感とマグロのハムのそれぞれの食感が良い。マグロの旨味だけでなく、柚子のパウダーが入っていることにより全体的に爽やか一品に仕上がっている。


(店長の蛭田さん)

ドライブついでに行くのはもちろんのこと、ランニングやロードバイクでお店まで行き、お腹を空かしていくとより楽しめるだろう。近くの港で海を眺めながら食べるベーグルは最高なのでぜひ一度味わってみてほしい。

なお、4月7〜8日は「黄金町パンとコーヒー&スイーツマルシェkoganecho黄金町 パンとコーヒー&スイーツマルシェ 」に初出店するので、横浜でもみやがわベーグルが味わうことができる。

お店情報

神奈川県三浦市宮川町11-28 三崎口駅より車で10分

■営業時間 土・日曜日のみ営業 10:00~15:00(無くなり次第終了)

みやがわベーグルホームページ
みやがわベーグルFacebookページ