2018年04月20日

三浦の地域情報なら、三浦新聞で

三浦新聞

みうらのひと

2017年12月26日 火曜日 19時21分みうらのひと vol. 2 – 地元密着から飛躍するアーティストに ~LYLA BOOPS ボーカル Toshi~

LYLA BOOPSというバンドをご存じだろうか。

2011年の夏、三浦海岸出身のボーカル Toshiを中心に音楽留学をしていたメンバーを中心に結成されたバンドだ。

ボーカルToshi、「小さな巨人」ことギターYuya、ベース担当Makoto、パーカッションKAZU、ドラムMASAの5人で構成されている。

彼らが音楽留学していたのはカリフォルニアのロサンゼルス。

「夏や海、Surfを連想するようなロサンゼルス仕込みのグルービーでポップなサウンドが音楽の特徴です」

と、ボーカルのToshiは語る。

シリーズ みうらのひと vol.2では、地元三浦海岸で生まれ育ち、現在はLYLA BOOPSというサーフロックバンドのボーカルとして活躍するToshiを2017年の締めとしてご紹介する。

三浦での幼少期・留学・バンド結成

Toshiは、1983年6月24日に神奈川県三浦半島の先端に位置する三浦市上宮田で生まれた。「父は、大学教授の超ガンコモノだけど、とてもユーモアがある人間。母はとにかく優しい人です」と、両親について語る。
小学生の頃は、六年間サッカーに熱中し、キャプテンも務め、三浦市の選抜選手にも選ばれた経験も持つ。
友人の影響を受けて音楽を始めたのは高校時代。それから毎週末、横須賀で路上ライブを行うようになった。
これをきっかけに将来音楽の道に進むことを考え始める。夏は毎年三浦海岸の海の家でバイトをし、地元の酒屋などでもアルバイトをし日々を過ごしてきた。


海の家(三浦海岸)でのアルバイト時代

大学時代も音楽に没頭したToshiは、「大好きな洋楽をもっと知りたい」と思うようになり、カリフォルニア州ロサンゼルス市ハリウッド地区にあるMusicians Institute(ミュージシャンズ・インスティチュート、通称 ”MI”)への留学を決意。

「留学先のMIは24時間音楽が学べるという最高の環境でした。音楽以外にカリフォルニアのサーフカルチャーなども吸収したくて、気づいたら日本人ではなく、外国人のコミュニティに入っていた。一番仲がよかったのはプエルトリコ人でした(笑)」

Toshiに、1年半の留学生活の話を聞くと、そう語ってくれた。

Toshiの話をきいていると、LYLA BOOPSの音楽からどことなくカリフォルニアの風を感じることが出来るのも納得できた。

“MI”の留学から帰ると、留学前にしていた酒屋のアルバイトに加え、結婚式で歌うバイトや、「仮歌」のバイトなどボーカル業として仕事も増えていった。

「仮歌」とは、アーティストのレコーディング前に曲を覚えるためのガイドで入れる歌のこと。
デモテープを聞いて、実際に歌う歌手が曲を覚えるために、譜面にかかれた曲を“仮歌”として吹き込む仕事だ。

そんなバイト生活をしているときに、LYLA BOOPSの前身となるバンド「BONE10」を結成。

そして、後の2011年、「LYLA BOOPS」とバンド名を変えて活動を本格化させていった。

三浦での音楽活動

2013年夏、三浦海岸の海の家 夏小屋にて行ったライブをきっかけにToshiの地元三浦での活動も活発になっていった。

当時はステージもない海の家で、機材も全て持ち込みでライブを行っていた。

炎天下の海水浴場。楽器やアンプなども全て持ち込み、音楽を演奏するには劣悪で過酷な環境だった。

「僕らは路上ライブなど過酷な環境でライブをやるのには慣れていたので、どんな環境でもそれなりにやる自信ありました。ただ、砂浜で大事な楽器を持ち込み、使い物にならなくなったものもありましたね。今思っても過酷な環境でした(笑)」と当時を振り返る。

この頃から、LYLA BOOPSは、「夏」をピークとして音楽活動をするようになる。
翌年の2014年の夏が終わると、2ndアルバム 『UNDER THE CONSTRUCTION』の制作に入った。このアルバムに三浦のことを歌った曲「小さなふるさと」が収録されている。

この曲は、後に、三浦市でミュージックビデオの撮影も行い、地元の議員さんや京急電鉄三浦海岸駅の駅長さん、三浦市の皆さんにも出演頂いた作品となっている。


LYLA BOOPS 『小さなふるさと』 -YouTube

活動の多様化

LYLA BOOPSは、2015年の2ndアルバム 『UNDER THE CONSTRUCTION』のリリースをきっかけに、少しずつその活動の幅を広げていく。そのいくつかをご紹介したい。

ラジオ(FMブルー湘南)
その1つがラジオ番組だ。2015年12月から、地元横須賀にあるFMブルー湘南にて、冠番組「LYLABOOPSのThe Sunlight Comes」(毎月第一土曜日19:00~)の放送が開始された。
決してトークが得意なメンバーばかりではないが、音楽制作の裏話や、メンバーの好きな曲の紹介などもしているので、是非チェックしてみてほしい。FMブルー湘南インターネットサイマル放送でも聞くことが出来る。


FMブルー湘南の冠番組「LYLABOOPSのThe Sunlight Comes」の収録風景

俳優デビュー
活躍の場はラジオだけはない。
2016年には、同じ三浦市出身で映画監督の矢城 潤一監督に声をかけてもらい、横須賀を舞台にしたヒューマンストーリー「スカブロ」に初めて「タトゥー男」役として出演。

「慣れない俳優業としてのデビューだったけど、他の出演者も音楽活動をしているメンバーが多くてやりやすかった」
と照れ臭そうに振り返った。(Toshi)


横須賀の映画「スカブロ」の舞台挨拶(右から2番目がToshi)


「スカブロ」楽屋で台本にサインするToshi

経営者として
Toshiは経営者として、もう1つの顔がある。池袋で焼鳥MOZUという居酒屋を経営しているのだ。

焼鳥屋といってもいわゆる赤提灯ではない。カウンターはガラス張りで、海やサーフをイメージした店内は若者向けの凝ったデザインだ。そして、ガラス張りのカウンターテーブルの中には、ビーチを連想させる砂が敷き詰められている。

実はこの砂、地元三浦海岸の砂を池袋まで運んで敷き詰めているという。

今年は、新メニュー「焼鳥チーズフォンデュ」が大好評で、今や看板メニューになっているとのこと。こうした工夫力には、アーティストとしての一面を見ることが出来る。

「居酒屋経営がうまく回れば、音楽に割ける時間も増えてくる。今年も実施したMOZU店内ライブは来年も積極的にやっていきたい」(Toshi)


海やサーフをイメージした店内


店内のカウンターには三浦海岸の砂が敷き詰められている


LYLA BOOPS Acoustic Live in MOZU

2017年 地元密着

今年ももう残り数日となったが、LYLA BOOPSは、2017年も地元三浦・横須賀で様々活動をしてきた。


夏小屋 Summer Live 2017の様子

今年の夏には、3rd アルバム『Petit Hospitalization』を発表。

Toshi曰く「全てシングルで出しても恥ずかしくない内容の濃い1枚になった」とこのアルバムを総括する。

その中でも最後に入っている「Sea Also…」は、地元三浦市で活躍する友人(TERU)が仕掛けたブランドSea Alsoから名前を取ったLYLA BOOPSの渾身のビックソングだ。

「僕が生まれ育ったここ三浦海岸をイメージして、海を通してみんなが繋がっている、そんな思いで書いた」

Toshiにこの曲への思いを聞くと、そう語ってくれた。


SUMMER LIVE @OFFER HOUSE by LINEバイト

そんなビックソングを引っ提げ今年は、三浦海岸の海の家 夏小屋や、OFFER HOUSE by LINEバイトなどのサマーライブに次々と出演。そして、念願であった千葉県幕張で開催された国内最大級の音楽イベント SUMMER SONIC 2017(GREEN FIELD)への出演も果たした。

夏が終わった9月以降は、三浦・横須賀のイベントを中心に精力的に活動したきた。その地元密着な活動の様子も写真でご紹介したい。

FUTURE 2017


神奈川県議会議員の石川たくみ議員とToshi

よこすか産業まつり2017

みうら市民まつり2017

地元密着で活動しているLYLA BOOPS。今後、三浦・横須賀でどんな活動をしていこうと考えているか、Toshiに聞いてみた。

「毎年夏に三浦海岸の海の家でライブをしているが、このライブが砂浜を埋めつくすようなフェスになりその中心、きっかけになるバンドになっていきたい。そして、そのお客さんが、三浦海岸を好きになり、三浦の美味しい食を楽しんでもらえる事を願っています。 また、僕らはカリフォルニアで音楽を学んできたが、横須賀には海軍基地があり、町には多くのアメリカ文化が溢れている。そんな横須賀でも精力的にライブを行っていきたいと思っている。そうして、僕を育ててくれた三浦・横須賀への恩返しをしていきたいと思っている」

よこすかカウントダウン2018(出演情報)

そんなLYLA BOOPSが年末に毎年出演するのが横須賀 ベルニー公園で開催されるよこすかカウントダウンライブだ。
今年で3年連続となる出演になるが、毎年サプライズのカバーソングなども用意しているので注目だ。

よこすかカウントダウン2018
2017年12月31日(日)〜2018年01月01日(月・祝) 18:00~25:00※荒天中止
https://www.cocoyoko.net/event/countdown.html

今年のLYLA BOOPSの出番は21:00~を予定しているので、お近くの方は是非横須賀まで足を運んでみてもらいたい。

2015年年末(2016年正月)横須賀カウントダウンライブの様子

<最後にお得なクーポン情報>
LYLA BOOPSのToshiが経営する焼鳥MOZUで、「三浦新聞を見た!」と言っていただくと、「今イチオシの焼鳥フォンデュセット (1セット=1500円)サービスしちゃいます!」(Toshi)とのこと。(2018年1月末まで)
三浦の熱い思いがこもったMOZUの焼鳥を、三浦海岸の砂が引き詰められたカウンターで是非食べてみてほしい。

参考URL
焼鳥 MOZU
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13197777/

LYLA BOOPS オフィシャルサイト
http://lylaboops.xxxxxxxx.jp/disco.html

LYLA BOOPSへの取材、出演などのご依頼はコチラまで
contact@ryogeisya.jp