2017年12月16日

三浦の地域情報なら、三浦新聞で

三浦新聞

イベント

2017年11月24日 金曜日 17時00分お寺でコンサート!?オペラ歌手ならぬ「オテラ歌手」を見に行ってきた

三浦新聞アンバサダーの鈴木珠友です。

「音楽を聴きに行きたい」と思ったら劇場やライブハウス、フェスなどに行くのが一般的だと思います。しかし、三浦市には定期的にコンサートを開催している「お寺」があるのです!

それが鹿穴山来福寺というお寺で、今回はそこで開催された報恩講讃仰音楽会「おてら♪で♪ら・ら・ら」を見に行ってきました。

さっそく鹿穴山来福寺に行ったのですが、とても立派なお寺で驚いてしまいました!今回のコンサートは、鹿の子(かのこ)合唱団による、第5回目の演奏会です。

鹿の子合唱団というのは、平成5年に建築した客殿の落慶法要を、音楽(仏教讃歌の合唱)でつとめる為に、門徒の女性に呼びかけて誕生した合唱団です。現在は門徒に限らず18名ほどで活動しており、仏教讃歌を歌ってみたい女性であればどなたでも大歓迎だそうです。

メンバーの女性の方々は、歌うことがとにかく大好きでとてもパワフルでした。鹿の子合唱団という可愛らしい名前は、お寺の周辺地域を鹿穴(しゃーな)と呼んでいるところから来ているそうです。

毎週火曜日の13時30分〜15時30分で集まって、年に2回開催されるコンサートの為の練習に励んでいます。法要に際して仏教讃歌を披露するほか、三浦市合唱祭、神奈川県合唱連盟のイベント等にも参加しているそうです。

「メンバーと歌ったり話したりする時間が本当に楽しい」と、いきいきした表情で答えてもらい、合唱団の楽しさが伝わってきました。

鹿の子合唱団の皆さんがとても楽しそうな理由の一つは指揮者であり、当寺の坊守(住職の妻)である和田智子先生の人柄の良さもあるんだなと思いました。

和田先生はとにかく話すのが上手で、コンサート中も笑いが絶えないユニークでテンポの良いMCが印象的でした。みなさんが練習を楽しそうな理由がとてもよくわかりました。

伴奏者は三浦市初声に在住のピアニストである坂本かをりさんです。滑らかな伴奏で、皆さんもとても気持ちよさそうに歌っているのが印象的でした。

そして、今回のコンサートには「オペラ歌手」としてでなく、お寺で歌う「オテラ歌手」として和田祐樹さんの演奏もありました。

和田祐樹さんは来福寺の跡取でもあり、東京音楽大学声楽科を卒業したあとは、父の法要を手伝いながら音楽活動を続けています。

個人的な話しなのですが、実は和田さんは私の合唱団の先輩でもあります。和田さんは小学校3年生の時に横須賀芸術劇場少年少女合唱団員のオーディションを経て入団し、そのときから音楽は欠かせない存在となっているようです。私も同じ合唱団を通じて学んだことが多くあり、音楽は日常に置いて欠かせないものとなっています。

地元である三浦市で合唱の先輩が頑張って音楽活動をしている姿が見られたのも嬉しかったです。

そんな鹿の子合唱団のコンサートは、「歌を通して仏の教えに触れ、命の尊さを考える事」をテーマに行われています。

難しく聞こえますが、仏教讃歌に詳しくない方でもとても親しみやすい曲ばかりでした。

仏教賛歌というのは、明治時代に日本に入ってきた西洋音楽を用いて、仏の教えを分かりやすく伝えるために創作されたものです。中学や高校で合唱コンクールで誰もが歌ったことのあるような曲調のものも数多くあります。

初期の作品には経典や聖句を歌詞にしたものが多いのですが、近年では平易な言葉で書かれた作品も多く作られており、法要時だけでなく、仏教保育の場や研修会等で歌われる事も多くなりました。

例えば、こちらの「帰命無量寿如来」というお経は、現代作曲家で有名な平田聖子さんが合唱曲とし、広く歌われるようになりました。歌詞はお経なのですが、曲調のイメージは「アヴェマリア」のように、クリスマスで聖歌隊がゆったりとしたテンポで歌うようなものにアレンジされています。誰もが聴きやすく、綺麗でうっとりとしてしまうような雰囲気の曲になっているのです。

その他、「赤とんぼ」や「この道」を手がけている日本歌曲の代表的な作曲家である山田耕筰がつくった「六騎」や、三浦市を代表する明治の作詞家の北原白秋が書いた「雪の山道」などを歌われていました。

コンサートの最後は三浦市の上原中学校出身のゴスペルシンガーである長谷川繁が作曲した「種」を披露して幕を閉じました。

このように鹿の子合唱団では、昔からのものごとにこだわらず、心の琴線に触れる曲であればそれもまた仏教への手がかりとして歌っています。綺麗な歌声と、楽しそうに歌う皆さんの姿を見て、心が洗われたような清々しい気持ちになることができました。

仏教賛歌と聞くと堅苦しく感じるかもしれませんが、機会があれば来福寺の鹿の子合唱団のコンサートを聴きに来てください。元気な歌声の皆さんと、オテラ歌手がお待ちしています!

場所情報

鹿穴山来福寺

〒238-0101 神奈川県三浦市南下浦町上宮田1859

京浜急行線「三浦海岸」駅よりタクシーにて約5分、横須賀行バスにて「池代」下車徒歩2分
横浜横須賀道路「衣笠」ICより約15分

■電話番号
046-888-2490

■メールアドレス
kanoko325@aj.wakwak.com