2019年06月27日

三浦の地域情報なら、三浦新聞で

三浦新聞

お知らせ

2017年07月12日 水曜日 16時44分三浦新聞始動します!-アンバサダー&ライターの鈴木珠友-

はじめまして!
この度、三浦新聞 アンバサダー&ライターとして活動をしていくことになった鈴木珠友(すずきみゆ)です。

いきなりですが、皆さんは三浦という街をご存知でしょうか?三浦市は神奈川県の三浦半島最南端に位置する場所にあります。

見渡す限り、綺麗な海と山と自然豊かな素晴らしい場所です。そんな三浦半島の美味しい食べ物や、あたたかい方々に支えられ、私はのびのびと成長しました。

これから多くの方に、「三浦の良さを知ってもらいたい!!」「遊びに来て欲しい!!」という思いを込めて、三浦新聞で魅力をお伝えしていきたいと思います♪よろしくお願いいたします。

まずは私のプロフィールをご紹介します!

 

生年月日: 1996年6月17日生
 
職業: フェリス女学院大学音楽学部音楽芸術学科3年歌うこと走ることが大好きな21歳!

今回は、私が大好きな宮川公園をご紹介したいと思います♪

私が「風車」というものを初めて見たのはいつだったのかはわかりません。しかし、幼い頃ドライブでよく宮川公園に連れていってもらっていたのは記憶にあります。
それだけ「風車」というものを身近に感じています。そう思えるのって珍しいことなので、地元の特権と考えるとニヤリとしてしまいます。

 


(※画像はイメージです)
 
でも実は、風車を見つけると少しだけ「怖いな」と思うこともあります!笑

ひろーい緑の芝生の絨毯の正面を見てみると、太くて白い柱しか見えないんです!
首が痛くなるほど上を見てみると、大きな風車がブンブン回っていて、こんな広い公園にポツリといる私たちは「飛ばされてしまうんじゃないの!?」と思ってしまうくらい!

それくらいいつも「風車」の偉大さに圧倒されてます(笑)

ここ、『宮川公園』の風車は2基あり、タワーの高さは35メートルもあり、︎羽根の直径は31メートルもあります。巨大です…
年間発電量は、過去10年平均で約94万kwhあり200戸の電力をまかなっています!!

建設当時は、「ソフトエネルギー都市構造」として公園内に設置されたそうです。現在も第4次三浦市総合計画において「自然との共有をテーマとする交流ゾーン」となっています。

公園内にはすべり台などのアスレチックがあったり、四葉のクローバーを探したりできる芝生もあります。私は幼い頃、弟といとこちゃんとその妹の双子ちゃんの4人で鬼ごっこもしました。公園のテーマの通り、自然と共有できましたよ!楽しかった〜!親子でピクニックも楽しいかもしれませんね!!

三浦市のランドマークである『宮川公園の風車』
環境にも優しい『宮川公園の風車』

私の三浦市オススメスポットです!
是非、訪れてみてください(*˘︶˘*).。.:*

こんな感じで三浦市の魅力を伝えていきたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

アクセス

 
■電車の場合
京急三崎口駅より城ヶ島行きバスで「城ヶ島大橋」下車、徒歩約15分
 
■車の場合
横浜横須賀道路(衣笠IC)—三浦縦貫道路—国道134号—県道26号(横須賀三崎)—毘沙門バイパス(宮川大橋付近)

参考リンク

 
風力発電について(三浦市公式ホームページ)
http://www.city.miura.kanagawa.jp/kankyou/wind_power.html

 
宮川公園
http://odekake.info/kanagawa/21_park/miyagawa/miyagawa.html